【なつめ】1日3個食べると老化しない

投稿日:
2013年12月11日
カテゴリー:
漢方ハーブティー warmly
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
五性「温」 五味「甘」 帰経する五臓「脾・胃・心・肺
 詳しくは『薬膳とは』ページへ

抹茶を入れる時の容器を「なつめ」と呼びますが、形が似ていたために「なつめ」と呼ばれるようになったようです。
「桃・杏・李(すもも)・栗」と合わせて中国の五果と言われています。
料理では、韓国料理の参鶏湯(サムゲタン)によく入っているのを見ますね。

【アンチエイジング食材の代表格】

中国では古くから愛されていて、「なつめを1日3つ食べると老いない」ということわざもあります。
乾燥したものは「大棗(たいそう)」と呼ばれ、生薬として色んな漢方薬に使われています。
血液を補う、胃腸を整える、体を温める、利尿作用がある、心を穏やかにするなどの効果があり、女性には嬉しい食材です。

【妊婦さんや産後の女性にピッタリ♪】

鉄分や葉酸が豊富に含まれているため、妊婦さんや産後の女性にピッタリです!
ビタミンの含有量も多いので、美肌効果も期待できます。
血液を増やしてくれる効果があるので、妊活中の女性や授乳中の女性にもオススメです。

【花粉症対策にも!】

最近の研究で、なつめが花粉症の体質改善に効果があることが明らかになりました。なつめ特有の単糖類(フルクトピラノサイド)が アレルギーを引き起こす抗体が作られるの をブロックしてしまうそうです。
その他にもカリウム・マグネシウムなどのミネラルも豊富に含まれています。

 

精神安定作用もあるので、気分が落ち込んだ時やイライラする時になつめを煎じたお茶を飲むようにしましょう。
その時は、しょうが一緒に加えてみてください。消化吸収力と美味しさがアップしますよ♪

 

 

↓ なつめはこちらからお買い求めいただけます ↓
なつめ 80g

 

↓ なつめを使った商品はこちら ↓
漢方ハーブティー warmly
漢方ハーブティー beauty
薬膳ごはんの素 -黒ブレンド-
薬膳ごはんの素 -ミックス-
                 

 

  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
このエントリーをはてなブックマークに追加

Pagetop